将来性ある資格取得|nlpの協会で得られるもの|人と付き合うということ

nlpの協会で得られるもの|人と付き合うということ

男性

将来性ある資格取得

男女

期待されている資格取得

病気や事故、加齢、生まれつきの障害などが原因でことばや嚥下に困っている人たちの社会復帰を助ける言語聴覚士は、医療分野、教育分野、福祉分野と求められる場は広くなっています。需要の高まりは、福利厚生面をはじめ、厚遇されるところも多く、産休などで休んでも復職が可能な職場ばかりです。また、人材市場での需要の高まりに加えて、生活ができるようのなるための支援という仕事はやりがいもあるため言語聴覚士に転職をしたいと希望する人が徐々に増えつつあります。専門の養成機関として認められた学校で学び、資格取得することは大変ですが、言語聴覚士を目指す意思を強く持って学校でしっかり学び邁進することは、将来を見すえた良い選択であるとも言えるでしょう。

養成校で受験資格取得

言語聴覚士になるためには、高卒の場合は文部科学大臣指定の3から4年制の大学や短大、都道府県知事指定の3から4年制の言語聴覚士養成所を卒業しなければなりません。しかも、資格取得はその後の国家試験合格が必要です。4年制大卒者の場合でも2年かかります。高校生なら最短で目指せる言語聴覚士ですが、すでに社会人となっており、転職を検討している場合は働きながら学べる通信課程や夜間の通学などで頑張らなければなりません。合格率は受験者の6割程度であり、言語聴覚士は難関という印象を持ち、諦める人もいますが、養成学校の新卒者は8割を優に超えています。優れた養成学校でしっかり授業内容を修得すれば合格できるということが明確です。優良な養成校は最終学年には合格に向けた準備や対応を丁寧にしてくれるので大丈夫です。

Copyright© 2016 nlpの協会で得られるもの|人と付き合うということ All Rights Reserved.